2011年12月30日金曜日

B-1 Grand Prix: Festival Aims to Rejuvenate Communities 地域の活性化をめざす「B-1グランプリ」



On November 12 and 13, 2011 the annual B-1 Grand Prix was held at Himeji Castle in Himeji City, Hyogo Prefecture. 
1112日~13日、兵庫県姫路市にある姫路城周辺で、「B-1 グランプリ」が開催されました。

The B-1 Grand Prix is a festival of B-kyuu local cuisine. 
B-1 グランプリは、「B級ご当地グルメ」の祭典です。
  
B-kyuu” or “B-grade” denotes things that are reasonably priced and “gotouchi ” means “uniquely local.” 
B級」は庶民的な価格を、「ご当地」は「その地域独特のもの」を指します。
 
In short, this festival promotes localities by showcasing inexpensive and delicious dishes that are loved by the locals.
つまり、安くておいしくて地元に愛されている食べ物によって地域をPR するイベントです。

This was the sixth time the event had been held, but this time it had a unique twist: 
今回で6 回目となるこのイベントの特徴は、
rather than featuring professional eateries, the exhibitors were local groups who wished to boost their local economy. 
出展者が企業や飲食店ではなく、まちおこし団体の人たちです。

Participants in the event were not only aiming to introduce popular local cuisine, 
このイベントに参加する目的は、地元でよく食べられている料理を紹介すると同時に、
but also to deepen knowledge of, and thereby excite interest in, their town at a nationwide level.
自分たちの町のことを全国に知ってもらい、興味をもってもらうことなのです。

Winning the B-1 Grand Prix is said to be an effective way to boost the local economy; along with popularizing local cuisine, that region also comes to the attention of the nation. 
B-1 グランプリで受賞すると、料理とともに地元が一気に全国的に注目されるようになるため、まちおこしには大変有効だといわれています。

Winners of the Grand Prix are widely featured in the media, 
グランプリを受賞するとメディアに多く取り上げられ、
resulting in an increase in the number of tourists to their region 
地元への観光客が増え、
and a rise in the sale of related ingredients. 
関連食材の売り上げも伸びます。

Tie up instant meal and snack products sold in convenience stores and the like are also attracting a lot of attention.
コンビニエンスストアなどと提携したインスタント食品や菓子も話題を呼んでいます。

The first ever festival was held in Hachinohe and attracted ten exhibitors and 17,000 visitors. 
1回の八戸大会の出展団体は10団体で来場者数は1万7千人ほどでした。
 
Exhibitors and visitors gradually increased with each event 
回を重ねるごとに出展団体も来場者数も増え、
and the last Grand Prix was the most popular ever with 63 exhibitors and 515,000 visitors. 
今回は史上最多63団体が出展し、来場者は515千人でした。
 
The event was blessed with sunny weather and Himeji Station was bustling with people from the morning onwards. 
 晴天に恵まれた開催当日、朝から姫路駅前は人でにぎわっていました。

“It was the first time I saw so many people filling the main street in front of the station,” a surprised local exclaimed.
「駅前の通りにこんなに人がいるのを見たのは初めて」と地元の人も驚きの声をあげていました。

With so many people gathered together, visitors must wait in a long line to taste their desired dish. 
これだけ人が多く集まると、来場者は目当ての料理を食べるために、長い行列をつくることになります。

After only a few minutes staff holding “20 minute wait” and “30 minute wait” signs start to appear, 
イベント開始から数分で、「20分待ち」「30分待ち」などの看板を持ったスタッフが立ち始めますが、
despite this visitors continue to join the queue as if that kind of a wait was not such a bad thing.
来場者はその程度の時間なら「まだまし」とばかりに列に続きます。

The wait is not necessarily tedious. 
待っている間たいくつかというと、

This is because food is not the only element of the “B-1 Grand Prix” competition. 
必ずしもそうではありません。「B-1 グランプリ」は料理だけを競う大会ではないからです。

Exhibitors walk around the venue dressed as local mascots, play musical instruments, perform skits, 
 展団体は、地元のキャラクターの格好をして歩いたり、楽器演奏や芝居などのパフォーマンスを行い、
and promote their own community as they entertain the visitors waiting in line.
待っているお客に楽しんでもらいながら、自分の街のPR をするのです。

When deciding a winner, voters must take into account the hospitality and overall performance of the exhibitors, as well as the quality of the food. 
グランプリを決める投票は料理だけでなく、もてなし方やパフォーマンスなども総合的に判断し行うことになっています。

Various ingenious services are provided, such as staff dressed up in maid costumes sprinkling furikake (seasoning for rice made from dried food), and people who can keep a place in the queue for visitors who need to go to the toilet.
メイドの衣装を着たスタッフがふりかけをかけてくれたり、順番待ちの人がトイレに行きたくなったときのために、かわりに待ってくれる人を用意したりと、各団体で様々な工夫が見られました。

Providing so much food along with a variety of other services to so many people makes it tough to manage finances. 
これだけ多くの人々に料理を提供し、その上様々なサービスも行うとなると、お金を管理するのも大変です。

That is why this event uses a preordered ticket system for payment rather than cash. 
 それで、支払いは現金ではなく事前に販売されたチケットを使うことになっています。

Unused tickets from the event can also be used in shops around the Himeji Castle area.
イベントでチケットを使いきれなくても、姫路城周辺の多くの店で使うことができます。

The voting process is unique. 
投票の方法はユニークです。

Disposable chopsticks used to eat at the festival are collected inside the ballot boxes and the weight of each box determines the winner. 
料理を食べるのに使った割り箸を、投票箱に入れ、その投票箱の重さでグランプリを競います。
 
Each person is allowed to vote with only one pair of chopsticks. 
投票できる割り箸はひとり1膳のみ。
 
But since chopsticks come in pairs, voters can also choose to place a stick in different boxes. 
ただし1膳とは2本一組なので、1本ずつ2つの地域に投票することも可能。

Voters cannot choose three or more winners.
3本以上投票することはできません。

Some lines are noticeably longer than others. 
中にはひときわ長い行列もみられます。
 
These are seen at the booths of past Grand Prix winners. 
 過去にグランプリを取った

Winners such as Fujinomiya Yakisoba (fried noodles) Society, 
 (富士宮やきそば学会、
Atsugi Shirokoro Horumone (grilled pork intestines) Explorers, 
厚木シロコロ・ホルモン探検隊、
Yokote Yakisoba (fried noodles) Merchant Association 
横手やきそば暖簾会、
and Kofu Tori Motsu-ni de Minasama-no en-wo Torimotsu (stewed chicken intestines) Group. 
甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊)のブースです。

These champion groups enter the Hall of Fame and are exempted from the event ranking list. 
 その団体は「殿堂入り」と呼ばれ、今後のランキングの対象外となります。

As expected, the waiting lines for these former champions are quite long, 
やはり過去にグランプリを受賞しているだけに大人気で、
and a sign that read “240-minute wait” was seen during the event.
一時は「240分待ち」と書かれた看板が立っていました。

This year’s Gold Grand Prix (Champion) was awarded to Hiruzen Yakisoba Lovers. 
今大会のゴールドグランプリ(1位)は「ひるぜん焼そば好いとん会」。
 
The thick miso-based salty-sweet sauce flavor of this Hiruzen Yakisoba (fried noodles) captured the hearts of visitors this year. 
濃厚な味噌ベースの甘辛だれが特徴の「ひるぜん焼きそば」が来場者の心をつかみました。
 
The winner received a pair of golden chopsticks at the awards ceremony.   
授賞式では金色の箸が贈られました。
 
Mikihiro Ishiga, the chairman of the group said, “I am overjoyed that our fantastic team won at this fantastic venue. 
石賀幹浩会長は「最高のチーム、最高の会場でゴールドグランプリを獲得できたのは幸せ。
 
This is just the beginning of our work to boost our local economy.”
これからが本当の意味でのまちおこし」と話していました。
The runner up was Tsuyama Horumone Udon Study Group. 
2位は「津山ホルモンうどん研究会」。
 
They introduced their horumon udon which is a local favorite that goes perfectly with beer. 
ビールにもよく合うと地元で人気の「ホルモンうどん」です。
 
Horumone (cow intestines) are abundant in vitamins and minerals. 
ホルモンとは「牛の内臓」のことでビタミンとミネラルが豊富です。
 
Third place was awarded to Hachinohe Senbei-jiru (rice cake soup) Research Institute. 
3位は「八戸せんべい汁研究所」。

It is a unique soup with a type of rice cake called nanbu senbei added to it. 
南部せんべいというせんべいが入った独特のスープ。
 
It has won five awards in past competitions.
過去の大会5 回の受賞歴があります。

A dish called Namie, Yakisoba Taikoku which came in fourth, also attracted attention. This group was from Namie Town, Fukushima Prefecture, where many citizens have been forced to abandon their homes because of the Fukushima Nuclear Power Plant accident caused by the Great East Japan Earthquake.   
東日本大震災に伴う原子力発電所事故で、いまも住民の避難が続く福島県浪江町の「浪江焼麺太国」が4位に入賞し、注目を集めました。
 
Sadayuki Yamashina who received the award said, 
表彰状を受け取った八島貞之さんが
“We lost our homes because of the earthquake and my friends are now scattered far and wide. 
「震災で故郷を奪われ、仲間はばらばらになりました。

We have come this far thanks you all of you. 
 ここまで来られたのは皆さんのおかげです。

We will strive to recover our homes.” 
絶対に故郷を取り戻します」と話すと、

His words started up a chant of “Namie” from the crowd.
会場から「浪江コール」がわき起こりました。

After the festivities, Shinichi Tawara of the B-1 Grand Prix organizer, Ai-B League secretariat, said, 

大会後、B-1 グランプリを主催する愛B リーグの事務局長、俵慎一さんは話します。
“B-1 Grand Prix is not a place to compete; 
B-1 グランプリは、何かを競争する場ではなく、
it is rather a place where towns from all over Japan come together to promote their own town. 
全国の町が共同でPR をする場。

The ranking is simply one of its attractions. 
ランキングはあくまでアトラクションのひとつなんです。
 
We are getting bigger every year, and this year was the largest event yet. 
年々規模が大きくなって、今年は過去最大になりましたが、
 
I am happy that we were able to finish up successfully and safely without incident. 
事故もなく安全に終えられて本当に良かったです。
 
Putting safety first, we’d like to continue to develop this exciting event.”
今後も安全を最優先に、楽しくイベントを盛り上げていきたいです」。

Even without a win, the promotional impact of simply participating in the event is enough. 
受賞はしなくても出展しただけで、その地方の宣伝効果は充分。


Another advantage is that participating in the event strengthens ties between regions. 
そして大会を通して地域同士の交流も深まるというメリットもあります。
 
The next Grand Prix is scheduled on October 20~21, 2012 in Kitakyushu City, Fukuoka Prefecture. 
次回大会予定は、来年1020 21日に福岡県北九州市で開催される予定。
 
“Gotouchi B-kyu Gourmet” is no longer a fad, it has the potential to become an integral part of Japan’s diverse culture.
B級ご当地グルメ」はブームというより、もはや日本の文化のひとつになっていく可能性を秘めています。

“1969” Now a Worldwide Hit 「1969」が世界中で大ヒット